・AGAクリニックと皮膚科の違いは?

AGAによる薄毛を治療するに当たり、AGA専門のクリニックと皮膚科の2種類の方法に大きく分けられます。

・皮膚科は皮膚の病気を治療する病院なのでは?
・AGAは皮膚科で治療できないのでは?

このようにイメージしている男性は多いものの、頭皮も皮膚の一種なので街中の皮膚科で治療可能です。

しかし、AGAクリニックでの治療とは大きく異なり、どんな違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

AGAの治療を専門としているかどうか

AGAの治療を専門としているかどうかが2つの病院の違いです。

皮膚科⇒皮膚科医が在籍していて、皮膚の病気全般を診てくれる
AGAクリニック⇒薄毛に特化した医師が在籍していて、AGAの治療が中心

こういった特徴があり、必ずしも皮膚科の医師がAGAに関する詳しい知識を持っているわけではありません。

AGAを改善するための詳しいアドバイスをしてくれない可能性がありますし、「早く薄毛を治療してボリュームをアップさせたい」と考えている男性はAGAクリニックを受診すべきです。

実施されている治療内容が異なる

一般的な皮膚科とAGAクリニックでは、実施されている治療内容が異なります。

一般病院では血液検査や遺伝子検査を行うことはできず、プロペシアやフィナステリドといった内服薬を処方して終わりです。

・AGAの直接的な原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を阻害する
・処方された医薬品を1日1錠ずつ飲み続ければ良い
・1ヵ月に1回のペースで通院するだけで自宅でAGA治療が可能
・日本だけではなく世界的にもAGAの治療薬として注目を集めている

プロペシアには上記のようなメリットがあり、AGAで悩む男性が最初に始めるべき治療なのは間違いありません。

しかし、あくまでも抜け毛を予防する守りの治療ですし、脱毛を防げても髪の毛を増やす発毛効果は期待できないのです。

一方でAGAクリニックであればプロペシアの処方以外にも、下記のように豊富な治療から自分の症状や体質に合った方法を選択できます。

・育毛剤のミノキシジルの処方
・オリジナル発毛薬の処方
・頭皮へと注射する育毛メソセラピー
・髪の毛を移植する自毛植毛

現状維持ではなく新たに髪の毛を増やす治療も可能なので、皮膚科ではなくAGAクリニックを受診した方が良い理由はお分かり頂けるでしょう。

AGAスキンクリニックはAGAの専門医療機関なので安心ですし、「治療のバリエーション」「症例数の多さ」「確かな実績」とメリットが多いので一度無料カウンセリングを受けてみてください。



AGA治療に本腰を入れているかどうかの違い

皮膚科の立場に立って考えてみると、AGAによる薄毛は数多くの症状の一つに過ぎません。

基本的には以下のように皮膚に関する病気や疾患を治療する病院です。

・湿疹
・ニキビ
・肌荒れ
・アトピー

病気を治すことが目的で、肌を綺麗にしたり美しくしたりといった目的ではありません。(美容皮膚科や美容クリニックは別)

その点、AGA治療は美容としての扱いとなり、専門クリニックでは薄毛で悩む男性がコンプレックスを解消できるように本腰を入れて対処してくれます。

だからこそプロペシアを処方してオシマイというわけではなく、個人の要望や予算に合わせて育毛メソセラピーや自毛植毛など豊富な選択肢を用意しているのです。

「皮膚科では保険が適用されるから料金が安くなるのでは?」と考えている男性は多いのではないでしょうか。

しかし、AGAの治療で保険が適用されないのは皮膚科でも専門クリニックでも一緒です。

<プロペシアの処方料金>
AGAスキンクリニック:4,200円
新宿メディカルクリニック:6,500円
TOMクリニック:6,500円
ゴリラクリニック:9,000円

上記のように医療機関によって料金設定は異なりますが、一般的な皮膚科で処方されるよりも安いので医薬品による治療だけ受けるとしてもAGAクリニックへの受診をおすすめします。

AGA以外の薄毛は皮膚科への受診が良い場合もある

AGA以外の原因で薄毛が引き起こされているのであれば、皮膚科を受診した方が良い場合もあります。

皮膚科ならではのアプローチがあるのは事実で、AGA以外の薄毛の症状を幾つか見ていきましょう。

円形脱毛症:ストレスによる自己免疫疾患が原因で、頭皮の一部分または複数の箇所に10円玉程度の大きさの脱毛斑が生じる
脂漏性脱毛症:カビの一種のマラセチア菌が原因の薄毛で、皮脂の過剰分泌によって毛根部分が炎症を引き起こす
牽引性脱毛症:髪の毛の長い女性がポニーテールで髪の毛を強く結んだり、同じ分け目にしたりして一部分に負担が加わるのが原因
圧迫性脱毛症:帽子やヘルメットを長時間に渡って被る仕事の人に多く、毛根や毛穴の組織が傷付けられる
抜毛症(トリコチロマニア):情緒不安定や精神的ストレスが引き金で、無意識のうちに自分の髪の毛を引き抜いてしまう病気

これらの病気とAGAには関わりがなく、専門クリニックではなく皮膚科を受診して適切な治療を受けなければなりません。

円形脱毛症のように自然と解消される病気もありますが、放置することで症状が酷くなるケースもあるので自己判断せずに医師の指示に従って対処してください。