●手遅れになったAGAはどのような状態?

AGAを治療するに当たり、開始する時期が遅いと取り返しのつかないことになります

・症状はゆっくりでも確実に進行する
・一度発症すると自然とは解消されない

AGAにはこういった特徴があり、基本的には年齢を重ねると薄毛の症状が進行しやすいのです。

具体的に手遅れになったAGAがどのような状態なのか目安を見ていきましょう。

・毛乳頭を包むように存在していて髪の毛を太く長く成長させている毛母細胞が死んでいる
・頭皮に小さな産毛すら生えておらず、ツルツルの状態になっている
・AGAの疑いがあるのにも関わらず、10年も20年も何の対策もせずに放置している
・事故で物理的に毛根が欠損し、毛母細胞自体が消失している

AGAを発症した段階であれば、薄毛の症状は進行していないので手の打ちようはたくさんあります

しかし、年齢を重ねると毛母細胞が死滅しやすく、髪の毛を生やせる回数に上限があるからこそ放置していると手遅れになりやすいのです

AGAを発症すると毛母細胞の寿命が極端に短くなる

私たちの髪の毛は抜けたり生えたりと繰り返していて、これをヘアサイクルと呼んでいます。

正常なヘアサイクルであれば、以下の過程をずっと繰り返しているのが特徴です。

成長期:2年~6年程度続いて髪の毛が太く長く成長する
退行期:数週間程度続き、髪の毛が抜け落ちる準備をする
休止期:数ヵ月程度続き、髪の毛が頭皮から完全に抜け落ちる

頭を掻き毟ったりシャンプーをしたりした際に抜けたとしても、毛母細胞が生きていればまた生えてくるので心配は要りません。

しかし、AGAを発症している男性は毛母細胞の寿命が極端に短くなります。

約6分の1程度に縮まると言われていて、「一生で生やせる回数は細胞分裂で決まる」⇒「その上限は40回~60回」⇒「AGAの男性は早く使い切ってしまう」という流れで薄毛が進行して手遅れになりやすいのです。

手遅れなのかは見た目では判断できない

70歳や80歳のおじいちゃんで、頭皮がツルツルの状態になっていて産毛も生えていないのであれば毛母細胞が死んでいるサインとなります。

この状態でAGA治療を受けても効果はありませんが、30代や40代といった年齢であれば手遅れなのか見た目で判断できません。

・全体的に髪の毛が細く短くなっている
・ボリュームがなくなってペシャっとしている
・前髪が後退して生え際の剃り込みが加速している
・頭頂部のつむじの地肌が透けて見えている
・前髪がまばらになってヘアラインが崩れている

上記のような男性はまだ毛母細胞は死んでおらず、AGAクリニックでの治療で回復できる可能性は非常に高いのです。

手遅れになる前にAGAクリニックを受診しよう

手遅れになる前にAGAクリニックを受診して正しい治療を受ければ、フサフサの状態に戻る余地は十分にあります。

素人ではまだ大丈夫なのか遅いのか正確に判断できませんし、髪の毛の悩みを抱えている男性はとりあえずAGAクリニックを受診した方が良いでしょう。

①無料カウンセリングで問診や診察を行う
②マイクロスコープで頭皮の状態を確認する
③個人の症状に合わせて治療内容を決める

こういった流れでAGA治療を受けることができ、専門クリニックであれば内服薬や外用薬、注射による治療など選択肢は豊富です。

毛根さえ生きていれば正常なヘアサイクルへと戻して成長期を伸ばせるので、AGAスキンクリニックへと足を運んでみましょう。

AGAスキンクリニックでは医師が自ら体験した発毛治療が行われており、高い発毛実感率が魅力的なので専門の医師へと相談してみてください。



クリニックでのAGA治療に合わせて自宅での対策もおすすめ!

AGAの症状の進行をストップさせるために、クリニックでの治療に加えて自宅での対策もおすすめです。

専門医に任せて治療を受けるのは効果的ですが、自分でもできることは下記のようにたくさんあります。

・頭皮を刺激して血行を良くしたり育毛効果のあるIGF-1を増やしたりできる頭皮マッサージを行う
・育毛シャンプーで念入りに髪の毛を洗浄してより良い頭皮環境をキープする
・髪の毛の成長に必要な栄養素を摂取するために育毛サプリメントを購入する
・「不規則な食生活を見直す」「睡眠をしっかりとる」「適度に運動する」など生活習慣を改善する

手遅れになるかどうかは日頃のケアも関わっているので、できることから始めてみましょう。

AGAスキンクリニック